小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

映画のクイズなんですねェ☆全79問

INDEX|8ページ/240ページ|

次のページ前のページ
 

第3問 1990年代問題 扉の前、男



  JJJJ                しししし
  JJJJ                しししし
  JJJJ   女の部屋を訪ねる男    しししし
  JJJJ                しししし
  JJJJ                しししし
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
  /                       \

  ――男は部屋の扉をノックする


  男『エメットだ

  女『エメット♪  どうぞ♪

  男『いや、ここで

  女『何なの?

  男『別れを言いに来た

  女『別れ? 旅行でもなさるの?

  男『遠くへね。 君とはもう会えない

      クララ、私は君の事を想っている
          だが自分の住む場所に戻らねばならん

  女『 どこなの?

  男『      話せない


  女『私も連れてって

  男『それはダメだ
     信じてくれ、君の事は決して忘れないよ

            君をを愛している

  女『どうゆう事なの?

  男『説明しても君には分からない

  女『教えて、知りたいわ
        私を愛しているのなら話して
  男『

     わかった…

      私は☆☆☆戻る
      ○○○○○ー○でここへ来て 
         明日、☆☆☆へ戻らねばならないのだ



  女『 ☆☆☆ね
          分かったわ

     私がジュール・ベルヌを
           愛読しているのを知って
           そんな作り話で私をだますのね!


  ――女は男に平手をみまった


  女『そんなホラ話を私が信じると思う?
       人を侮辱するにもほどがあるわ!
    別れたいなら
      「愛してない、別れよう」と
             正直に言えば済む事よ!


  ――女はドアを叩き締めた


  男『  真実なんだよ…



  _/_/_/_/ 作品より抜粋、多少手を加えています _/_/_/_/

         次のページにヒントがあります♪