小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

映画のクイズなんですねェ☆全79問

INDEX|17ページ/240ページ|

次のページ前のページ
 

第6問 1990年代問題 地下牢


  JJJJ                しししし
  JJJJ                しししし
  JJJJ     囚人 と 女     しししし
  JJJJ                しししし
  JJJJ                しししし
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 
  /                       \

  ____強化プラスチック越しに会話する囚人の男と女

             :
             :
  女『そうね、あなたは食べたわ。

 囚人『  、、質問事項をよこせ


  ――女は質問事項の書かれた書類を、壁にある受け口から男に渡す


 囚人『 ふむ…

     こんな単純な問題集で、わたしを分析できると?

  女『いいえ
       ですから、

 囚人『君は野心家らしいな、

    だが高価なバッグに安物の靴とは野暮の格好だ。

    都会にあこがれる田舎娘といった所だ。
    栄養がよく背は伸びた、
    でもご両親は貧しい階層だ そうだろう?
    ウェスト・バージニアのなまりが残っているな。
    君の父上は?
    炭坑夫じゃないのか?
    君はいつも男の目を引いた。
    そして、車の中でヘビーペッティングだ。
    でも、そんな生活から逃げたかった。

          だからFBIに飛び込んだ。


  ――女はその言葉を聞いて、怒りを隠し切れない


  女『詳しい分析ね。
    でも、その強力な探知能力を ご自分に向けたら?
    試してみたら?

    ご自分を見て正直に書くのよ。
    恐いんでしょ?


  ――女の発言は明らかに平常心ではない


 囚人『昔、国政調査員が調べに来たとき
      キャンティーワインのつまみに
      そいつの肝臓を豆と一緒に食ってやった



      学校に帰ったほうがいいんじゃないかい


               飛んで帰れ…、、、



  _/_/_/_/ 作品より抜粋、多少手を加えています _/_/_/_/

         次のページにヒントがあります♪