小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
山本ペチカ
山本ペチカ
novelistID. 37533
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

更新日時:2012-04-20 02:18:44
投稿日時:2012-04-20 02:18:44

太歳頭上動土(たいさいずじょうどうど)

登録タグ: マザコン  太歳  探偵  骨董店 

作者: 山本ペチカ

カテゴリー :伝奇小説
総ページ数:3ページ [完結]
公開設定:公開  

読者数:1/day 2/month 302/total

ブックマーク数: -
いい作品!評価数:0 users

Yahoo!ブックマークに登録

 

著者の作品紹介

母が死んだのは、もう十三年も前のことだ。母の誕生日、果ては名前も顏も忘れて久しいのに、命日だけははつきりと覺(おぼ)えてゐる。
 其(そ)れは何故なのか。
 屹(きつ)度(と)あれの所爲(せい)だ。
 故人は死んでも四十九日の間はまだ現世に留まると云ふのを知り乍(なが)らも、どうしてか無性に女が抱き度くなつて──買つたのだ、女を。
 母の寢室でだ。
 其れがどうしやうもなく後ろめたくて、けれどどうしやうもなく亢(こう)奮(ふん)したので、私は今でも母が亡くなつてからの四十九日間の出來事はしつかりはつきりと覺えて、頭からこびり附いて離れずにゐるのだ。

感想コメント (1)

レトロに時代設定に怪しげなお店。ほんのり色香も漂って、怪奇浪漫に満ち溢れた作品ですね。最後まで楽しめました。 | 退会ユーザー | 2012-04-20 04:37:39

この作品に対する情報提供