小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
ヤブ田玄白
ヤブ田玄白
novelistID. 32390
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

新 ドクター・ヤブ田の「医者だって笑いたい」1.13更新

INDEX|5ページ/533ページ|

次のページ前のページ
 

診察室に犬がきた


 診察室にはじめて犬がきた。
私は医者である。獣医師ではない。
人間ならそうとう重症でもあわてないが、犬の病気は大学で教わらなかった。
どんな風に診察してよいか分からない。不安になった。

ところが意外なことに、患者さんは、犬ではなく犬に連れられた人間だった。
目が不自由なため盲導犬を連れてきたのだ。
ラブラドールという種類だった。とても可愛いかった。
私は患者さんよりも犬の診察がしたい気持になった。

犬は、患者さんの脇にきちんと正座はしないが、犬なりのお座りポーズをとっている。
クンともスンともいわない。もちろんワンなんていわない。
首から「仕事中」と書かれた木のフダをぶら下げている。
犬好きの人が気安く触ったりしないようにするためだ。
仕事が終わったら、どういうフダに替えるのだろう。「休憩中」あるいは「準備中」のフダにするのだろうか。