小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
ヤブ田玄白
ヤブ田玄白
novelistID. 32390
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

新 ドクター・ヤブ田の「医者だって笑いたい」1.13更新

INDEX|21ページ/533ページ|

次のページ前のページ
 

医者だって、たまにはクレームつけてみたい



 クレームが多くなったが、今に始まったことではない。
私の小さいころも、それらしいのはあった。
子供のころ、親戚の家で、叔母さんが洋式トイレに腰を降ろした時、便器が壊れたことがある。
その瞬間、叔母さんは
「ちょっとぉー。これは不良品よぉ。メーカーに電話して取り替えさせましょう」と叫んだ。
私は子供心にも
〈便器が壊れたのは、おばさんのお尻が重すぎたせいだろう。
それなのに、不良品のせいにするのか。〉と驚いたことがある。
クレームにはこういう一面がある。

しかし、最近のクレームは恐るべきものがある。
病院でも、患者さんの権利意識は高くなって、クレームが増えた。
クレームも、病院のためになる良質のものから、金品を目当てにしたヤクザまがいのものまでいろいろだ。
最近では悪質なクレーマー(モンスターペーシェント)対策として、「不当要求防止対策責任者」(警察署から発行)のステッカーが病院の要所要所に貼られている。
そのうち、診察する医者を護衛するため、ガードマンが控えるようになるかもしれない。