小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」

いまどき(現時)物語

INDEX|2ページ/123ページ|

次のページ前のページ
 

第1章  人生未体験の巻  


サラリーマン・高見沢一郎は、今、駅のホームで呆然と突っ立ったまま、暮れなずむ都会の夕景をぼやっと眺めている。

徐々にではあるが、確実に深さを増して行く夕闇、そんな中へと心がどんどんと陥没して行く。

今日は、月例会議のために東京に出張で出掛けて来た。
もし仕事の業績がもっと上がっていたならば、こんなたまの東京出張も、それはそれなりにもっとポジティブな心の刺激になっていたはず。

不幸な事だ。
誠に心が暗い。

しかし考えてみれば、どこの会社のサラリーマン達もみんな同じ境遇なのかも知れない。
日々目まぐるしく変化する現代ビジネス社会、その世界を生き抜くために、サラリーマン一人一人本当に頑張っている。
家族を放ったらかしての粉骨砕身。

しかし、何一つとして誉められる事もなく、リスペクト(尊敬)もされない。
二十一世紀のサラリーマン、何と意気阻喪(いきそそう)の毎日を送っている事か。

「世界競争に勝つ」、
企業は文句の付けようのない高い目標を掲げ、その達成のためトップダウンを執行する。
高見沢も、会社のため、強いては自分のためにと馬車馬の如く働いて来た。
しかし、いつも目標が高過ぎるのか、未達成の結果しか出せない。

本日の月例会議、高見沢は久々の発言をした。

「企業として高い目標を掲げる、それは大変意義深い事だと思います、
しかし、もうちょっと目指す所を現実的で身の丈に合わせたものにし、段階的に進めて行ったらどうでしょうか?

たまには我々実務担当者にも小さくても結構ですから、まずは成功体験が味わえるようにして頂き、モチベーションが上がるようにして頂いた方が良いかと思うのですが … 」


作品名:いまどき(現時)物語 作家名:鮎風 遊