小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
アリス・スターズ
アリス・スターズ
novelistID. 204
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

WHITE BOOK

INDEX|64ページ/340ページ|

次のページ前のページ
 

第7章:源力操作(Material)



「ごめんごめん、お待たせ。」
 少しして、ソアラが戻ってきた。ソファーに座って白本を抱えていた想楽が急に立ち上がる。
「見たよ!今の、何?」
 今にもつかみかかろうとする勢いでまくし立てる。ソアラはもう苦笑いするしかない。
「あはは……想楽の世界には、ああいうのはなかったんだったね。」
 想楽をソファーに座らせ、ソアラも鏡台のスツールに座る。それから、人差し指の螺旋模様を見せた。
「フィアルにはみんなこれが付いてるっていうのは教えたよね?」
「うん。ディアルには宝石みたいなのが付いてるんだっけ?」
「そうそう。で、この螺旋模様とかディアルのオーブとかは、空気中の源力(げんりょく)っていうのを集めて、それを思い思いの方法で発動することができるんだ。これでするのは螺旋法術(らせんほうじゅつ)、オーブでするのは羅珠法術(らじゅほうじゅつ)。それぞれ略して法術と珠術(じゅじゅつ)で、スパイラルとジュエラル、とも言うよ。」
作品名:WHITE BOOK 作家名:アリス・スターズ