小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
アリス・スターズ
アリス・スターズ
novelistID. 204
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

WHITE BOOK

INDEX|121ページ/340ページ|

次のページ前のページ
 

第9章:時乃言葉(Timeful Words)



 次の日。朝早く、扉が開閉する音で目が覚めた。
 いつもなら7時にセットされた目覚まし時計の音ですら起きない想楽だが、環境の変化がそうさせたのだろうか、ベッドに内蔵された時計の時刻はまだ6時半だった。うつぶせの状態から腕の力でゆっくりと起き上がる。いまだ見慣れない水色の髪が視界を覆った。
「うー……。」
 眠そうに目をこすりながら辺りを見回すが、ソアラの姿は見当たらない。きっと先程の扉の開閉で外に出たのだろう。
 しばらくベッドに座ったまま眠気を覚まし、想楽はユニットバスに入る。ひどい寝癖のついた髪だけでも洗っておこうと思ったのだ。
作品名:WHITE BOOK 作家名:アリス・スターズ