小説が読める!投稿できる!小説家(novelist)の小説投稿コミュニティ!

二次創作小説 http://2.novelist.jp/ | 官能小説 http://r18.novelist.jp/
オンライン小説投稿サイト「novelist.jp(ノベリスト・ジェイピー)」
アリス・スターズ
アリス・スターズ
novelistID. 204
新規ユーザー登録
E-MAIL
PASSWORD
次回から自動でログイン

 

作品詳細に戻る

 

WHITE BOOK

INDEX|11ページ/340ページ|

次のページ前のページ
 

第3章:魔法乃本(Magical Book)



 弁当を食べ終えた想楽と美姫は、どこまでも澄み渡った青空を見上げて話をしていた。
 話の内容は日によって多少違うものの、いつも同じようなものである。

「どこまで進んだ?」
 聞くのは美姫。それだけでも何の話か分かる想楽は答える。
「昨日は全然。あそこの敵強いから、しばらくレベル上げようと思って。」
「あー確かに。ブラックホース……だっけ?」
「そうそう、あいつの蹴飛ばし攻撃はハンパじゃないよね。」
「分かる分かるー。」

 想楽と美姫が一緒にいられる理由。それは、2人共ゲーマーであるという共通点があるからだった。
 おしゃれやテレビの向こうの世界にそんなに興味がなく、漫画を読んだりゲームをしたりしている方がよっぽどいい、という思考回路も似たり寄ったり。他の人とはまったく話が合わないが、美姫がいるから、想楽がいるからという考えがあるために、こうやって毎日一緒に屋上に来るのだ。
作品名:WHITE BOOK 作家名:アリス・スターズ